MENU
main-page4

修理事例集

修理事例集

page4-title1

年式/車種97y E320
E/G 型式104
走行距離164302km
不具合症状エンジン警告灯点灯。時々アイドリング不調
テスターによる
読取り内容
ミスファイヤー
4:O2センサー
結果O2センサー取替
年式/車種95y E280
E/G 型式104
走行距離62,331km
不具合症状エンジンノッキング(3/4番が点火しない)。
テスターによる
読取り内容
エンジンメニューのHFMから(16ピン診断コネクタの8番)
MB Code107:通電時間制御がストッパのところにある、アースへのショート
エンジン・メイン・ハーネス不良(配線硬化)の為ショートしていた。
結果ハーネス及びECU交換で完治しました。
年式/車種95y S500
E/G 型式119
走行距離38,200km
不具合症状エンジンを始動し5分位暖機運転後急にエンストし、その後再始動しなくなってしまった。
バッテリー電圧は異常なくセルも通常どおり作動しています。
エンジンメニューのLHから
テスターによる
読取り内容
 
結果クランク角センサー等を点検し、最終的にイグニッションコントロールユニット(N1/3)と
吸気温センサーの不良と分かり部品交換して正常に作動するようになりました。
年式/車種96y S500
E/G 型式119
走行距離81245km
不具合症状A/Cコントロール・ユニットを交換後、正常に作動しなくなった。
(元のコントロール・ユニットでは作動していた)
テスターによる
読取り内容
故障コードなし
結果手動にてバリエーション・コードの入力を行い正常に作動するようになりました。
年式/車種91y 600SEL
E/G 型式120
走行距離78,000km
不具合症状ラフアイドル。
テスターによる
読取り内容
エンジンメニューのLHから診断しましたが、左右バンクともに故障コードはメモリされていませんでした。
結果エア・フロ・センサの数値が基準外でしたが、ラフアイドルになるほどのものでもなかったので、4ガステスターで点検すると、CO、HC、O2がかなり範囲外だった。
オシロで点火波形(2次電圧)を見ると7番シリンダーが失火していた。
プラグ及びサープレッサーを交換して解決しました。
年式/車種 BENZ W221(Sクラス)
不具合症状 1.停車時にも関わらずスピードメーターがMAX迄振り切る。
2.空気圧警告灯の点灯
3.走行をしていないのにドアーロックが作動する。
結果 診断機をつないでシステムチェック他ショートテスト実施。スピードセンサー不良のフォルトコードがメモリーされていた。対策品のスピードセンサー交換にて完治。
※作業中ドアーの閉てこみに注意する必要あり

page4-title2

年式/車種96y E36 328
E/G 型式286S
走行距離56,027km
不具合症状エンジン始動不良。(たまに始動する時もある)
テスターによる
読取り内容
エンジンメニューから
217:CAN bus no signal
テスターと通信出来なくなる時がある
結果メインリレー不良。
メインリレーが時々不良になりフューエル・ポンプ、インジェクタに通電がなくなり、始動出来なくなったみたいです。
年式/車種96y E39 523i
E/G 型式256S
走行距離85,000km
不具合症状エンジンの吹けが悪い.アイドリング不調
テスターによる
読取り内容
エンジンメニューから
65:カムシャフトセンサー
83:クランクポジションセンサー
結果カムシャフトセンサーを交換したら直りました。
年式/車種93y E36 320
E/G 型式206S
走行距離53,900km
不具合症状エンジンは始動するが、エンストする。
再始動するが、すぐにエンストする。
テスターによる
読取り内容
DMEのみ診断出来ない。(他は診断可能)
メインリレー、フューズは点検し、OKです。
DMEコントロール・ユニットの不良でした。
結果ディーラーにてコーディングを行い、診断も出来るようになりエンストもしなくなりました。
年式/車種95y/3 E36 325i
E/G 型式E-CB25
走行距離56000km
不具合症状低速時不調もたつき
テスターによる
読取り内容
201:O2センサーコントロール
結果O2センサー不良
O2センサー交換でOKになりました。
年式/車種91y E34
E/G 型式256S
走行距離121000km
不具合症状車両を発進させて行く時に、一速から二速への切替わりが遅く二速に切替わった瞬間に三速へ変速する。
それを繰り返しているとオンボードコンピューターにトランスプログラムと表示され、4速固定のセーフモードになる。
一速の変速点はスポーツ、エコノミー、スノーモードにしても変わりません。
ジャトコの五速です。
テスターによる
読取り内容
A/Tメニューから
51:シフトテスト
結果テスターをつないで走行テストをした結果ECUがソレノイドに指示をしても変速していないことがわかった。
バルブボディを取り外してソレノイドを単体テストをした結果、1個作動していない事が分かりソレノイドを取り替えて解決しました。

page4-title3

年式/車種2007y アウディ TT
E/G 型式BWA
走行距離163150km
不具合症状チェックエンジンランプ点灯。
エンジン不調なし。
テスターによる
読取り内容
P0441
フュエルタンクベンチレーションシステム  ガスフロー不良
結果キャニスター/パージバルブ取替
交換後、故障コード消去
年式/車種アウディ A4
E/G 型式ADR
走行距離17,910km
不具合症状エアバッグワーニング点灯(消去出来ない)。
テスターによる
読取り内容
SRSから
01217:サイドエアバックイグナイター、運転席 アースにショート
結果サイドエアバッグハーネス断線点検、サイドエアバッグカプラー接触点検、エアバッグコントロールユニットグランド、電源点検、コントロールユニットカプラー接触点検したが異常なし。
再度テスターにて故障メモリーの消去を実施したところ消去出来た。
原因不明でしたが、点検した箇所の接触不良だったと思われます。
年式/車種99y アウディ A4
E/G 型式ADR
走行距離12,335km
不具合症状メーター内シフトインジケーターがDのまま動かない。
セルモータ、シフトタイミング等は正常。
エンジン始動できない(セル回らない)時があったらしい。
テスターによる
読取り内容
A/Tから
00293:マルチファンクションスイッチ
結果マルチファンクチョンS/W不良。
交換後、故障コードの消去が必要でした。

page4-title4

年式/車種94y ゴルフ
E/G 型式2E
走行距離99,860km
不具合症状A/Tシフトアップしない。(2速固定?)
テスターによる
読取り内容
A/Tから
00264:ソレノイドバルブ4 オープンサーキット(消去できた)
00266:ソレノイドバルブ5 オープンサーキット(消去できた)
00264:ソレノイドバルブ4 ショートサーキットto グランド(消去できず)
00266:ソレノイドバルブ5 ショートサーキットto グランド(消去できず)
00652:ギアモニタリング(消去できた)
結果コンダクターストリップが短絡していた。
交換後故障コード消去を行い、試運転をして正常に作動するのを確認し、完了としました。
年式/車種並行車 ニュービートル
E/G 型式AEG
走行距離22,982km
不具合症状メーター内チェックエンジンランプ点灯。
走行には不具合は特に感じない。
テスターによる
読取り内容
エンジンから
16795(P0411):セカンダリエアシステム通過量不良
16989(P0605):コントロールユニット故障
結果コンビバルブとセカンダリーエアインジェクション・ソレノイドバルブをつなぐバキュームホースに亀裂が確認できたので、交換後故障コードを消去し、その後再発しないので完治と判断しました。
年式/車種99y ニュービートル
E/G 型式AEG
走行距離22,305km
不具合症状エンジン息つき。
エンジンチェックランプ点灯。
テスターによる
読取り内容
エンジンから
16518(P0134):バンク1 O2センサー1作動しない
16684(P0300):ミスファイヤ検出
16685(P0301):シリンダー1ミスファイヤ検出
結果プラグコード及びプラグ交換して直りました。

page4-title3

年式/車種98y V70
E/G 型式B5254
走行距離34500km
不具合症状エンジンの始動性が悪くなり走行中にE/Gチェックランプ(λマーク)が常時点灯する様になった。
テスターによる
読取り内容
エンジンメニューから
EFI-123:水温(ECT)センサ信号
結果水温(ECT)センサを交換したら直りました。
年式/車種96y 850
E/G 型式B5252FS
走行距離44,737km
不具合症状ABSランプ/トラクションコントロールランプ点灯。
リヤホイール・センサを左右セットで交換後も点灯する。
(出る時と出ない時がある)
テスターによる
読取り内容
ABSメニューから
314:リヤ右ホイールセンサの信号
結果ABS/TRACコントロールユニット内部接触不良の為
ABSコントロールユニット交換(エンジンルーム内ABSポンプ下側)で完治しました。
年式/車種94y. 850エステート
E/G 型式B5252FS
走行距離65325km
不具合症状突然メーター類(燃料/水温/車速/回転数/時計/トリップ)が不動になり、O/Dインジケーターの矢印マークが点滅。
走行は可能ですが、A/Tのシフトアップポイントが高くなってしまった。(スロットル開度に関係なく)
A/Tメニューから(AB診断コネクタのA1)
114:モードセレクター
124:モードセレクター
232:車速
322:ギヤ比
ABSメニューから(AB診断コネクタのA3)
213:左リヤ・ホイールスピードセンサ信号
214:右リヤ・ホイールスピードセンサ信号
テスターによる
読取り内容
142:ブレーキ・ライト・スイッチ回路
インストルメント(A7)は通信不能になり
結果コンビネーションメーターの基盤(モジュール)とトリップコンピューターが故障していました。
(多分内部の定電圧回路の故障だと思います)
部品交換とアースのリード線を追加して直りました。